介護職の現場復帰を後押し!準備金を大幅拡充

2020.06.01更新

現場復帰する介護職への準備金、大幅拡充

~厚労省 全国一律で最大40万円

厚生労働省は28日、いったん離職した介護人材が現場に戻る際に“準備金”を支払って後押しする制度について、その額を大幅に引き上げる方針を明らかにした。

【Joint編集部】

準備金は現在、人手不足がより深刻な首都圏、関西圏、東日本大震災の被災地など14都府県で最大40万円、それ以外の33道県で最大20万円となっている。これを全国一律で40万円に揃える形で拡充する。27日に閣議決定された第2次補正予算案の成立後、速やかに実行する計画だ。

この制度は、現場を離れた介護人材に復帰を促す呼び水として創設されたもの。準備金は基本的に貸し付けとなるが、復帰後に介護職として2年間働けば返還は全額免除される。

対象者の要件は、ホームヘルパー2級(初任者研修修了)以上の資格を持っていること、介護職の実務経験が1年以上あることなど。準備金の使途としては、転居のためにかかる費用、通勤用の自転車・バイクの購入費、研修費、参考図書の購入費、介護ウェアの購入費などがあげられている。

      2020年5月29日付 Joint編集部より

詳しい制度の説明はこちらから

↓  ↓  ↓

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188098.html