車夫姿で施設に参上ー豊橋「美右衛門」のエリックさん、”人力車”引き回しサロンのサービスお届けー

2019.05.26更新

「車夫姿で施設に参上」

 

“人力車”引き回し、サロンのサービスお届け

 

~豊橋「美右衛門」のエリックさん~

 

車夫姿で施設に出向き髪をカットする新しい訪問美容サービス事業「美右衛門(びえもん)」を、豊橋市南栄町の美容師エリック・バリオスさん(29)が立ち上げた。高齢者や育児中のママの美しくありたい気持ちをサポートしたいとの思いから、人力車に見立てた車いすを引っ提げ、旅先で乗るような高揚感と非日常感も届ける。

 

「今から京都にでも行けちゃうわ」。鏡に映る自分を見て女性(68)は笑顔を見せた。エリックさんは軽快にハサミを動かし、前髪が横に流れるクセを生かした髪型に仕上げた。

 

改造した人力車風車いすに荷物を積み、車夫姿のエリックさんが福祉施設に姿を現すと、利用者の視線が一身に注がれ、カット中も別の利用者が興味深けにのぞく。

 

日本人の父親とボリビア人の母親との間に生まれ、3歳までボリビアで過ごした。神奈川県や豊橋市内の小中学校へ通い、豊橋工業高校を卒業した。

 

もともと、日本語とスペイン語を生かせる仕事をしたいと憧れの美容師を目指した。「美容院を豊橋市に多く暮らす外国人の交流の場にしたかった」とエリックさん。

 

美容師免許を取得後、市内の美容院で腕を磨いてきた。その時、病院や福祉施設に入る高齢者が「いつも同じ髪型」「切っている人が不愛想」などと不満に思っていることを知った。

 

福祉訪問理美容を手掛ける社団法人「きれいや総研」で1年半経験を積み、今年1月に「美右衛門(びえもん)」を本格始動。市民病院や市内の福祉施設などを回る。

 

移動式のシャンプー台を使い、パーマやカラーリングにも対応し、サロンと同様のサービスが受けられる。

 

妊婦や子育てママのカットも 

 

介護を受けている人だけが対象だったが、昨年4月の法改正で介護している人や骨折、病気、認知症、寝たきりの人、妊婦や育児中のママのカットもできるようになった。「イベント性だけでなく、価値を上げるため質の高いサービスを提供していきたい」とエリックさん。

 

同事業は、第三セクターのサイエンス・クリエイト(豊橋市)が行う「東三河ビジネスプランコンテスト」で最優秀賞に輝いた。エリックさんは「数年後には豊橋を介護の街に、いずれは世界にも展開したい」と意気込んでいる。

 

カットのみが在宅5000円で、65歳以上は4000円。ホームページからも予約できる。

 

問い合わせはエリックさん(090-6088-6271)へ