介護人材確保に向けた今年度最初の視察・面接会開催案内

2020.01.07更新

フィリピン人介護実習生の活用

今後益々少子高齢化が進みます。2年後、5年後あるいは10年後あなたの施設は介護人材を確保できていますか?

既に取り組みがはじまって いる 介護技能実習制度 と 今年の 4月に新設された 特定技能「 介護 」 の制度を 利用することにより、 同じ 外国人介護士を 8年( 最長 10年) 使うことができます。アジアで有数の親日国で 、英語が 喋れて ホスピタル ティー 溢れる フィリピン 人 介護士 は 日本の 施設さんのベストパートナーです!!

そこで ↓ ↓

人手不足が叫ばれる昨今、入管法の改正とともに既に多数の企業様がフィリピンを訪問し人材の確保に動かれています。今回の日本の法改正による動きは現地でも大きな話題となっており、日本側でもアジアでも有数の親日国で、ホスピタリティーに溢れ英語が喋れるフィリピン人材に非常に関心が高まっている状況です。

「百聞は一見に如かず」といいます。皆様、是非今回の機会を利用し現地での目確認をとおして今後の自社での人材採用・確保の一助にして頂ければと思います。

                

【視察・面接会開催日及び費用】  

 2020年2月19日(水曜日)~23日(土曜日)  費用:約16万円

 

【視察予定先】 ※状況により変動する可能性あり

  • 提携大学「LYCEUM」内の大規模スキルトレーニングセンター及び日本語センター(建設中)※センターの規模:4階建て延べ床面積1,400㎡、500名同時研修可能
  • フィリピン政府海外就労所轄機関DOLE(労働雇用省)又はPOEAへの表敬訪問
  • SAGE日本語学校 就労希望生徒との意見交換
  • 複数の送出し機関
  • PHGIC人材情報センターでの人材データバンク解説及び情報交換
  • 実際の採用面接会の見学
  • その他時間的余裕にて訪問

【視察申し込期日】

 2020年1月末日

 

【申し込み先】

豊橋・愛知介護求人NAVI 担当窓口:比企又は三浦まで

  ☎ 0533-78-4747 ✉ kozakai-2@for-tech.com  miura@for-tech.com

株式会社フォーテック 海外雇用専任担当 鬼村まで

  📱 090-5631-5223 ✉ t.onimura@fo-tech.com

 

【去年の視察時の写真】

フィリピンの介護施設訪問

フィリピンの老人介護施設訪問

 

マニラ市庁舎での会談

日本語学校での意見交換会

提携大学「LYCEUM」での説明会

送出し機関での打ち合わせ

実際の面接会の様子

夕食時の懇親会スナップ

【参考サイト】現地での案内及び主催会社

フィリピン人材総合情報センター http://www.phgic.net/ (日本語version)

                http://www.phgic.org/

 

【技能実習制度・特定技能について詳しく知りたい方は・・・】

当サイト内ページ「外国人介護士の採用をお考えの施設様」を参照ください

外国人介護士の採用をお考えの施設様

【あわせてのお願い】

トレーニングセンター開設にあたり、充実した実習実施を目的に各種介護・福祉用具、設備の充実を図っております。

そこでお願いですが,御社で不要あるいは使わなくなった介護・福祉用具、設備があれば譲って頂けませんか?一定数の数と種類を揃えることによって多様な対応が可能となり、ご協力頂いた施設様にはバイオーダーの事前教育も可能となります。

何卒趣旨をご理解頂き、情報の提供も含めてご協力をお願い申し上げます。

<ご協力頂きたい用具・設備>

入浴関連―バスリフト、バスボード、シャワーチェアー、シャワーキャリー等

歩行関連―車いす、電動昇降機、歩行車、歩行器、クラッチ、多点杖等

その他 -ポータブルトイレ、ベッド,移乗用具、介護リフト等