だから私は介護業界にキャリアチェンジしました

2020.06.22更新
介護の仕事にどんなイメージをお持ちですか?『きつい・きたない・危険』というマイナスなイメージを持っている人が多いはず。でも実際に介護業界で働いている人たちに聞くと、「ほんっとに楽しいよ」、「やりがいがある」と笑顔で語ってくれます。

そこで、ここでは仕事内容や介護職のメリットについてお伝えします
また、LINEでの仕事探しがとっても簡単になったのでご紹介していきます

 

家から出ずに24時間いつでも問い合わせ可能

チャットがあなたの希望条件をヒアリングします!

あなたの都合に合わせて対応してくれるから安心です!

皆さんは送られてきたいくつかの簡単な質問を

選択するだけOK!

・応募する前に施設の情報を知りたい

・転職はまだ先だけど情報だけ集めたい・・・など

もちろんご相談だけでも大丈夫です!

また最後まで質問にお答えいただくと

スピーディーに情報提供でき

転職活動がスムーズに進みます

下記のバナーをクリックしてあなたのお仕事探しを

スタートさせましょう!

メッセージは1:1のトークになるので、ご安心下さい!

 

いますぐクリック

 

介護士とは高齢者の夢を叶える仕事です☆彡

介護の仕事は、食事や入浴の手伝いや、オムツ交換など、「高齢者の身の回りのお世話をする」
それも大切な仕事ですが、それだけではありません。
「家族と外食や旅行に行きたい」「ペットの散歩に行きたい」など利用者一人ひとりの「やりたい事」を叶えてあげられるよう
自立した生活が送れるようサポートすることも、介護のお仕事です!

 

どんな施設で働くの?

介護サービスは主に3種類があり、利用者の目的によって施設が異なります

施設系サービス


利用者が暮らすための介護施設で、24時間介護を行います。
 施設形態  特別養護老人ホーム(特養)介護老人保健施設(老健)有料老人ホームグループホームなど

 特徴 炊事・洗濯が活かせる シフト調整がしやすい 稼げる

 

通所系サービス


利用者が自宅から通う日帰りの介護施設で、介護やレクリエーションなどを行います。
 施設形態  デイサービスデイケアなど

 特徴 車の運転が活かせる イベント好きが活かせる

 

訪問系サービス


利用者の自宅に訪問し、掃除や洗濯、料理などの家事全般を行います。
 施設形態  訪問介護事業所など

 特徴 シフト調整がしやすい しっかり稼げる

 

 

仕事内容は?代表的な仕事を3つご紹介

 

食事介助

誰にとっても1日3度の食事は楽しみなものです。しかし、噛む力や飲み込む力が衰えている高齢者にとっては、大きな事故につながるケースもある為しっかりとした介助が必要です。噛んだり飲み込んだりすることが難しい方には、刻み食やミキサー食などその人に合った形状で食事を提供し、誤嚥がないよう見守ります。食事が終わったあとは、歯磨きや口の中をゆすぐ、入れ歯を外すといった口腔ケアも大切です。

入浴介助

食事と同じくらい楽しみにされている方が多いのでリラックスして利用してもらえるよう心がけましょう。衣服の着脱や洗髪、洗身の介助、耳掃除・爪切りなどを行います。床は滑りやすくなっているので転倒事故に要注意です。また血圧の変化にも注意しながら介助する事が大切です。

排泄介助

決まった時間や個人の排泄のタイミングを見計らってトイレへ誘導し、排泄の介助もしくはオムツ交換を行います。排泄は非常にプライベートな行為であるため、ほとんどの人は誰かの手を借りることに抵抗があるものです。お声かけの仕方に気を配り利用者様と信頼関係を築いていきましょう。

介護職の何がいい?

介護研修や資格取得支援が充実している施設は多く無資格・未経験からでも始められるお仕事なんです。さらに自分の働き方に合わせた選択ができる為男女問わず長く続けられる仕事です。例えば、家庭と両立したい・夜勤はカラダに合わないという方は日勤だけで働けるデイサービスなどの通所施設を選べば夜勤はありません。
もちろん24時間営業の入所施設でも日勤だけという働き方は十分可能です。逆に、がっつり稼ぎたい!っという方は夜勤手当がしっかりついた施設を選べばよいのです。また託児所や保育園が併設されている施設が多く、お子さんがいる女性にとってはとても魅力的な仕事です。

情勢に左右されることはなく、安定している

介護や福祉の仕事は、人が暮らす場所ならどこにでも存在しています。引っ越しなどで暮らす土地が変わっても、職探しに困ることはほとんどありません。例え働いている職場が倒産してしまったとしても、介護施設が多く存在する今、次に働く職場は必ず見つかります。
さらに、介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネージャー)・社会福祉士などの国家資格を持っていればより一層、職場が選べる立場になります。

 

キャリアアップ!可能性は無限大

無資格でパートで介護業界に飛び込んだ方が、資格を取得し、正社員になり、管理職になる。こんなことも介護業界では珍しくありません。例えばあなたが未経験で飲食店のサービスを始めたとして、フロアリーダー、店長というキャリアアップの中では、現場経験だけがその人のキャリアです。
しかし、介護職の場合は、働いた年数などによって受験資格を得ることができ、公的資格や国家資格がキャリアを証明してくれます。そして有資格者には資格手当がつき給与UPも出来ます。しかも資格取得の費用を会社が負担してくれたり、勉強会を開いてくれたりと資格取得をサポートしてくれる施設が多数あります。資格は絶対にあなたをプラスに支えてくれます。さらに年齢もハンデになりません。20代から60代中には70代まで働いている介護士さんまでいます。介護の業界では長く現役で働きつづけることができるのです。

 

いかかでしょうか?「介護っていいかも」っと少しでも気になるなら挑戦してみる価値ありです!あなたは介護に向いているのかもしれませんよ?

詳しくこちらをクリック