【先輩インタビュー】「訪問入浴介護従事 女性(25)看護師」

2019.05.26更新

訪問入浴介護従事

女性(25歳)正看護師 看護師歴4年 

【病院勤務から現職に転職、3ヶ月経過後にインタビュー】

 

質問「今まで病院勤務だったのに今回訪問入浴をやってみようと思ったのはなぜですか?」

→「今までは夜勤とかもある仕事でなかなかプライベートを充実させる時間もなかったけど、訪問入浴だと終わり時間が決まっていてプライベートに時間を充てることが出来る。また訪問入浴をやったこともなかったのでやってみようと思いました。

 

質問「入社前のイメージと入社後ではイメージのギャップを感じましたか?」

→「入社前のイメージはやっぱり体力勝負という感じで、体力的に辛いイメージがあったけど、実際にやってみると自分がイメージしてたよりも、みんなで協力して行うのでそれほど体力的に辛くなかった。」

 

質問「1日の仕事の流れを教えてください」

→「看護師さんから申し送りを受けて、一人づつの利用者さんの情報、介護者さんの情報をもらって3人で車に乗り込んで1日6~8件(その日によって違う)訪問する。1件あたり45分ぐらい 先にバイタル測って処置物品を揃えてる間にヘルパーさんとオペレーターの方がお風呂準備してくれてるので、準備が出来たら服を脱がせてお風呂入れてお風呂あがって看護師が処置をして体を整えて帰る。昼は1時間休憩が有って、移動中に記録を書く。」

 

質問「仕事の楽しい所、やりがいを感じる所はどんな時ですか?」

→「いろんなお客さんがいるし、お客さん自身もお風呂に入ることを楽しみにしていて、入浴中もすごく気持ち良さそうな反応をしてくれたり、訪問入浴が来るのを楽しみに待っていてくれてるのでやりがいを感じる」

 

質問「訪問入浴で難しい所はどんな所ですか?」

→「それぞれのお客さんによって対応の仕方・処置の仕方が変わるのと、在宅で介護をしている介護者さんとのコミュニケーションの取り方がそれぞれなので大変」

 

質問「職場の雰囲気はどうですか?」

→「みなさん優しく話を聞いてくれるし、馴染めるように話しかけてくれたりするので良い雰囲気だと思います」

 

質問「今後訪問入浴で頑張ろうとしてる人にアドバイスください」

→「最初は周りのイメージとかで大変な仕事だろうと思ったりしてなかなか踏み出せないと思いますけど、やってみたら思ってた以上に体力は使わないし、それぞれのお客さんの所で喜んでくれたりする姿をみたりすると、疲れも吹っ飛んでやりがいを感じるので挑戦してみてください。」

 

質問「病院勤務では味わえない所はありますか?」

→「病院勤務ではお風呂に入れている時間もないし、湯船自体なくシャワー浴が一般的だと思うけど、訪問入浴で入浴をメインにしているからこそ、しっかり湯船に浸かれたりとか一人ひとりのお客さんに合わせた温度に設定したり、お風呂以外でもコミュニケーションでお話ししたりとか一緒に歌を歌ったりとか簡単なマッサージしたりやったりする。お風呂をメインにやってるので羞恥心とか清潔に関する事は入浴ならではのやり方があってすごく勉強になった。入浴の看護師をやってみて良かったです。」

 

質問「3人のチームで良かった点・悪かった点を教えてください」

→「3人のチームで良かった点は、訪問したことのないお客さんの所でもヘルパーさんやオペレーターさんが慣れてる方が多いのでフォローしてくれる。3人で協力し合いながら出来る所は良い点。3人で動いて悪い点は特に感じません。」

 

質問「今回転職の際、紹介会社を使ってみようと思ったのはどうしてですか?」

→「働き先を見つけるためにネットで調べて詳しく求人内容、条件が書いてあったから利用してみようと思いました。」

 

質問「紹介会社を使ってみて良かった点はありますか?」

→「紹介会社を使ってみていろんなやり取りをお任せして、不利にならないように話を付けてきてくれて心強かったし、段取りも全部やってくれたので利用してみてよかったです。」